フロスのおかげ

歯磨きがあまり好きではありません。虫歯になるのは嫌だし、口の中が気持ち悪くなるので朝晩必ず磨きますが、磨き方はかなりいい加減で、磨く時間も短いです。

 

でも、ここ10年ほど大きな虫歯はできていません。小さな虫歯はたまに見つかりますが、治療はたいてい1回で終わり。痛みもありません。そんな快適な状態を保っていられるのは、半年ごとの検診とデンタルフロスによるところが大きいと思っています。

 

オータは幼稚園に入る前から歯医者に通っていました。虫歯になりやすい体質だったようです。子供のころ歯医者の何が嫌だったかというと、歯を削るときの金属音や痛みへの恐怖に加え、よその子供の泣き叫ぶ声と医師の怒声でした。田舎だったせいか、当時はお医者さんが患者(子供)を怒鳴ることはふつうにあったように記憶しています。

 

それで歯医者が嫌いになったかというとそうでもなく、小学校を卒業するまでしょっちゅう虫歯治療に通っていたせいで、治療が早ければ早いほど痛みが少ないということを子供ながらによくわかっていました。そして、いったん虫歯になったら自然に治ることは絶対にないということも。

 

そんなわけで、大人になってからは異常を感じたらすぐ歯医者に予約を入れ、定期検診も欠かしません。ただ、磨き方がいい加減なので虫歯はときどき見つかります。あと、歯磨きを早く終わらせたくて力を入れすぎるようで、知覚過敏になったのを虫歯と勘違いして受診したことも何度かありました。そのたびにブラッシングの指導を受けるのですが、時間が経つと自己流に戻ってしまいます。教わった方法は15~20分かけて丁寧に丁寧に磨くので、面倒くさがりのオータは身に付きませんでした。

 

そこに救世主のごとく登場したのがデンタルフロスです。

 

フロスを使うようになって10年ほど経ちます。当初は週1~2回の使用でしたが、だんだん回数が増え、いまは歯磨き後はほぼ毎回使うようになりました。フロスを使うと口の中がさっぱりします。旅行に出かけたりして数日ぶりにフロスを使うと、ちょっとくさかったり、歯茎から血が出たりすることがあるので、しばらく使わないでいると落ち着きません。使う頻度が上がったのは、年齢とともに歯並びが悪くなったり歯茎が痩せたりして、食べ物が詰まりやすくなったせいもあると思います。

 

オータがフロスというものを知ったのは高校生のとき、いまから30年前(!)のことです。ニューヨークを舞台にした少女漫画「CIPHER(サイファ)」のなかで、主人公がフロスを手にするとても印象的なシーンがありました。オータ世代には、この漫画でフロスを知り、使っているという人は結構いるんじゃないかと思います。オータが実際に使い始めるのはそれから20年後ですが、頭に「フロス=サイファ=なんだかオシャレ」というイメージが強烈にインプットされたのは確かです。

 

使い始めたきっかけは、歯磨きだけだとなんとなくすっきりしなくなったことです。友人がフロスを愛用していて、使わないと気持ち悪いと言っていたので、試してみることにしました。最初は力の加減が分からず、上手く歯間に入らなかったり、歯茎に糸をめり込ませたりしましたが、だんだん上手く扱えるようになりました。定期検診でもフロスを使われることが増え、歯間に糸を通す感触に抵抗がなくなりました。

 

オータが使っているフロスは、リーチ(ジョンソン・エンド・ジョンソン)のワックスタイプです。細めですべりが良くて使いやすく、パッケージもシンプルでいい感じ。・・・が、ジョンソン・エンド・ジョンソンは数か月前にリーチブランドを売却してしまいました! 大好きなパッケージや慣れた使い心地は変わってしまうのかしら? 

 

というわけで、長年リーチを愛用してきましたが、これを機にほかのメーカーのものも試してみようと思っています。歯磨き嫌いのオータですが、フロスは大人になってから身に付いた良い習慣のひとつです。そしてフロスのおかげはサイファのおかげかもしれないなあとしみじみ思うのです。

 

 

 

スロージョギング再開

1か月ほどさぼっていたスロージョギングを再開しました。胃腸の調子がだいぶ回復したのと、自分の後ろ姿の肉々しさに驚愕したからです。


走り始めたのは昨年の秋のこと。それまで通っていたホットヨガ教室の退会がきっかけです。団体行動が苦手なオータにとって個人が黙々と取り組むヨガは気楽でよかったのですが、平日は残業でほぼ行けず、休日は混雑がひどくて落ち着かず、高い月謝に見合ってないなあと感じていました。通いやすい立地だったのですが、入会キャンペーンがひっきりなしに行われ、いま思い出してもあの混雑ぶりはひどかったです。

 

かつて友人とテニスやバドミントンを楽しんでいたこともありますが、ここ10年はヨガ→ジョギング→ヨガ→ジョギングのループで現在に至ります。両方とも特別な道具は必要ないし、誰かと組むわけでもないので、始めやすく止めやすいというのが共通点です。

 

初めてホットヨガの世界に足を踏み入れたのは37歳の時で、運動不足の解消と体の柔軟性向上が目的でした。子供のころから体が硬く、靴下を履くにも難儀するほどで、このまま年を取ったら日常生活に支障をきたすかも!と危機感を持ったのです。たまたま目にしたホットヨガの広告に「インドに近い高温多湿の環境なので、体が柔らかくなりやすく、怪我をしにくい」と説明があり、これなら挑戦できそうと心が躍りました。

 

オータが通っていたのはインドで修行したという男の先生が一人で運営していて、おしゃれなウエアや優美なポーズとはかけ離れた地味でストイックな教室でした。年齢層が高く、男性が多く、Tシャツ&ジャージの人が大半でした。先生のポーズをひたすら真似るだけでしたが、干渉されないところが心地よく、先生の都合で教室が閉鎖されるまで3年余り通いました。

 

その後、似たような教室を探しましたが、きらきらした感じのところばかりだったので、あきらめてジョギングを始めました。が、モチベーションが持続しません。市のヨガ教室に参加したりもしましたが、抽選に外れたりして続きませんでした。こうして10年ほどヨガとジョギングの間を行ったり来たりして、またジョギングの番が巡ってきたところです。

 

今回のジョギングが今までと違うのは「スロー」に徹しているところです。スロージョギングの特徴は、

 ・会話できる程度のゆっくりペース

 ・歩幅は小さめ

 ・(なるべく)つま先から着地

という点。ウォーキングより負荷がかかるけど、ジョギングほど苦しくなく、長時間走ることができます。ほんとは足や腰への衝撃が少ないフォアフット(つま先)着地がいいらしいのですが、オータはあまりうまくできないので、かかと着地で走っています。何も意識せずにいるとだんだんスピードが上がってしまうため、信号待ちを利用してスローペースに戻すよう気を付けています。

 

走るのは週に2~3日で(目標は週4日ですが!)、ゆっくりペースで40~50分。真冬でも15分ほど走れば体が温まり、手袋は必要なくなります。夏は全身汗みずくです。

 

走っていちばん良かったと思うのは、10年以上苦しめられていた冬場のひどい咳がほとんど出なかったことです。脇腹が筋肉痛になるほどの激しい咳が何か月も続き、病院を受診しても対症療法だけだったのですが、昨冬はほとんど咳が出ませんでした。期待していたヒップアップなどの目に見える変化はなかったものの、体質改善にはつながったのかなあと思います。

 

ほんとは夏バテにも効果があったと書きたかったのですが、7月半ばから走るのを休んでしまったので、来年は胃腸の調子を万全にして夏を迎えたいです。

 

それからもうひとつ。45歳のオータがスロージョギングを始めて渋い気持ちになったのは、二の腕が筋肉痛になったことです。それまで足腰が痛くなったことはあっても、腕が筋肉痛になったことなどありませんでした。ふだん使っていない筋肉を活用した証なのでしょうが、何もしないとどんどん衰えるという現実を身をもって知りました。

 

実はしばらくさぼっている間にジョギング熱はいくぶん冷めていたのですが、そんなある日、鏡の前で振り向きざまに目に入った腕から背中にかけての肉々しさといったら! 自分の目が信じられなくて角度を変えて何度も見直してしまいました。再びジョギングに取り組んでいるのは、まさに二の腕の筋肉痛再来を期待してのこと。「やらないより何倍もまし」と魔法のことばを唱えながら今日も走ろうと思います。

 

  

 

受けてびっくりカラー診断

先日「パーソナルカラー診断」を受けてきました。顔の近くに色布(ドレープ)を当てて「自分に似合う色」を診断してもらうものです。

 

似合う色を身に着けると、

 ・肌の透明感が増して顔色が明るく見える

 ・しみ、しわ、くまなどが目立ちにくくなる

 ・顔の輪郭がすっきりして見える

 ・服選びに迷わなくなる

 などのメリットがあるとのこと。

 

オータがいちばん興味を持ったのは「服選びに迷わなくなる」というところです。35歳を過ぎて肌のくすみが気になりはじめ、白いシャツが似合わなくなったと感じていたからです。明るい色を身に着けるとレフ板効果で肌がきれいに見えると言われますが、いざ試着して鏡を見ると自分の顔色の悪さに愕然とすることがしばしばありました。一方、地味な色は肌になじんで違和感はないのですがあまりときめきを感じません。試着室に入っても結局買わずに店を後にすることが増えました。

 

デパートが主催するカラー診断サービスを知ったのはそんな時です。手頃な料金で似合う色を診断してもらえるほか、似合うコーディネートも提案してくれるというではありませんか。さっそく申し込もうとしたのですが、数か月先まで予約でいっぱいでした。

 

それならばと個人サロンを探したところ、どこもなかなかの料金設定でした。デパートだと3000~5000円くらいで、他のサービスと併用すれば無料というところもあったのですが、個人サロンは1万~2万円が相場のようです。しばらく悩みましたが、全身エステに行ったつもりで自分に投資してみよう、と思い切ってあるサロンに予約メールを送りました。

 

当日はすっぴんで来てくださいと言われたので日焼け止めだけ塗って出かけました。自宅の一室に設置されたサロンは、床までの大きな窓がある明るい部屋です。コース内容について簡単に説明を受けた後、いよいよドレープを当てて診断開始。120色の布を次々に肩にかけて、顔色やしわの見え方などを確認していきます。最後に似合う色でメークをしてもらい、2時間のコースはあっという間に終わりました。

 

ひとつひとつの色を丁寧に見せていただいたのですが、オータはセンスがないのか、判断するポイントがいまひとつ分かりませんでした。A色とB色のどちらが好きかは答えられますが、似合っているかどうかは自分では見分けられなかったのです。明らかに肌がきれいに見える色もありましたが、迷う色も多かったです。でもそういった判断はプロにおまかせすることにして、普段は手に取ることのない色に囲まれた時間を楽しく過ごしました。

 

パーソナルカラー診断では季節になぞらえて似合う色グループを表現します。フレッシュでカラフルな「スプリング」、淡く青みがかった「サマー」、こっくりした深みのある「オータム」、クリアで鮮やかな「ウィンター」の4種類。実際にカラーチャートを見ると季節と色のイメージが結びついて分かりやすく、最初に提唱した人はうまいこと分類したなあと感心します。

 

さて、そんなオータの診断結果は「サマー」タイプでした。少しくすみのあるシャーベットカラーがいちばん顔色をきれいに見せてくれるのだそうです。似合う色はラベンダー、スカイブルー、ライトグレー、ベビーピンク、ローズピンクなどで、特にピンク系をすすめられました。反対に、NGカラーはカーキやブラウンなどの「オータム」カラーでした。

 

・・・なんということでしょう。

 

オータはカラー診断の存在を知ってからインターネットで無料のセルフチェックをいくつか試したのですが、結果はいつも「オータム」でした。もともと好きな色味なのでクローゼットもオータムカラー、つまり地味めでくすんだ色が多いです。似合うと思っていたのに!

 

一方、いちばん苦手な色はピンクです。色自体があまり好きではないし、似合うと思ったこともありません。ピンクの服も小物もひとつも持っていないし、ほとんど手に取ったことすらないので、この診断結果は衝撃的でした。

 

 考えてみれば、セルフチェックは主観で回答するわけだから、結果が自分好みになるのは当然と言えば当然かもしれません。最初の質問で肌色を尋ねられて「イエロー系の色白」をクリックしましたが、プロに見てもらうと「ブルー系の色白」なのだそうです。このため、メーク用品はローズなどの青み系が肌なじみがよく、ピーチなどの黄み系は肌を濁らせるそうです。オータは青み系が似合わないと思い、黄み系しか持っていないというのに。ほんとにいろいろびっくりです。

 

「白いシャツが似合わない問題」については、 真っ白は避け、青みがかった色を選ぶと肌と調和するとのこと。やっぱり白いシャツは似合わなかったんだなあと納得しました。

 

パーソナルカラーは肌や目の色を基準にするので、似合う色は20年くらい変わることはないそうです。つまり、今回の診断結果は65歳まで活用できるんだなあ。持ち歩くのに便利な色見本カードをいただいたので、今まで避けていたピンクにもいつか・・・いつか挑戦してみようと思うオータです。

 

 

『リトル・フォレスト』

料理の上手な友人がいます。彼女はかつて菜食主義者でした。自分で始末したことのない動物の肉を食べるのに違和感を覚えたから、というのが理由です。

 

そんな彼女が鶏を絞めてさばいて調理するまでのレポートを送ってくれたことがあります。それで納得できたのか、その後は肉も食べているようです。子供が生まれて色々変わったとも言っていました。

 

映画で鴨をさばくシーンがあり、その友人のことを思い出しました。都会の真ん中で仕事にも子育てにも趣味にも力を注ぎながら、ごまを炒り、ぬか漬けを作り、ミョウガを栽培する素敵な女性です。

 

 

 

 

 

 

実家の断捨離

お盆休みに実家に帰省しました。
ここ5~6年、帰省するたびに思うのは「物が多いなあ」ということです。ちまちまと片付けてみるものの、滞在期間が短いのと、意外なところで両親の抵抗に遭うため、物の処分はそれほどはかどりません。


オータの両親はともに70代半ばです。何に対しても「もったいない」「まだ使える」という気持ちが強く、物をため込みがちです。転勤などでこれまでに6回転居し、それなりに物を処分してきましたが、母は整頓下手、父はDIY好きで、家中がなんとなく雑然としています。

 

オータが実家の「断捨離」に乗り出すのはいくつか理由があります。まず両親が「終活」を意識し始めていること、オータ自身が物の少ない生活は快適だと実感していること、そして実家で暇を持て余してしまうことなどです。

 

両親が終活を口にするようになったのは数年前からです。「あなたたちに迷惑をかけたくない」「少しずつ身の回りを整理しなきゃ」「死んだら全部捨てていいからね」などと言い始めました。たぶんテレビに影響を受けての発言ですが、友人や親類ともそういう話をしているのだと思います。とは言うものの、何年も袖を通していない洋服や未開封の引き出物など、オータだったら真っ先に手放すようなものでも処分を嫌がるため道は険しいです。

 

今回は夫を置いてオータ一人で帰省したので断捨離の好機でした。頭の中でさんざんシミュレーションして臨んだのですが、しかし、なかなか思ったようにはいきません。結局処分したのは、①母の朽ちたベルト約20本 ②年代物のスパイス約20本 ③「世界文学全集」など豪華箱入本約50冊--でした。


①ベルトは母に内緒でこっそり処分しました。少なくとも10年以上放置され、朽ちたという表現がぴったりな状態でしたが、オータのお古も混じっていて申し訳なく思いました。ぜんぶ処分したかったのですが、ばれないように比較的きれいなものを何本か残しました(ばれていると思いますが)。

 

②スパイスはいちばん古いものが賞味期限1991年でした! それでも捨てるのを渋る母です。キッチンのいちばん使いやすい引き出しを占領していたスパイスたちに乙女のロマンを感じました。

 

③世界文学全集はインテリアとしての役目を終えました。母もオータも本好きですが、全集を手に取ったのは引っ越しの時くらい。購入時はなかなかのお値段だったはずですが、予想通りブックオフでは値段がつきませんでした(そのまま引き取ってもらいました)。


ほかに、オータがかつて使っていたちゃぶ台と姿見、使い勝手の悪い回転椅子や座椅子などを断捨離候補として一カ所に集めました。当初は市のバザーに寄付するつもりでしたが、家具は受け入れ停止中とのことで断念。オータならメルカリやジモティーを利用したり、フリーマーケットに出したりするのですが、両親にはハードルが高すぎます。田舎なので粗大ごみに出すのも大変だし、まだ使えるものを捨てるのは気が進みません。しかし、オータの滞在中は行き先が決まらず、そのまま置いてきてしまいました。中途半端な状態で放置するのは断捨離のタブーだというのに・・・痛恨の極みです。

 

その後、1週間ほどして母に様子を尋ねたところ、知り合いがすべて引き取ってくれたとのことでほっとしました。母の交友関係恐るべし。

 

たぶん両親としては自分達でやるから放っておいてほしいというのが本音だと思います。もう少し家の中がさっぱりしていればオータも見て見ぬふりをするのですが、いろいろ気になってつい手や口を出してしまいます。


これまでの経験から分かったのは「捨てる行為自体に抵抗がある」「よほど納得できる理由がないと手放せない」「いったん手放したらすぐ忘れる」ということです。なので、捨てずに済む方法を考えたり、捨てる理由(虫食い穴があるとか)を示したりしますが、こっそり処分するのもありだと思うようになりました。捨てていいか尋ねると首を縦に振らないくせに、そもそも存在を忘れているのでなくなっても気付かないからです。タンスの奥底の衣類、思い入れのなさそうな雑貨、たまっていく包装紙や紙袋や紐など、帰省のたびにひそかに処分しています。時には見つからないように自宅まで持ち帰ることもあります。

 

でも、こんなことをするのはオータに片付ける気力と体力があるからこそ。いつか両親が杖や車椅子を使ったり寝室を移したりするのに広いスペースが必要になった時、さらには家での生活が困難になった時、オータが今ほど動ける保証はありません。もちろん「手紙や写真は触らない」「どんなに古くても人形やぬいぐるみは捨てない」など両親の気持ちは尊重しなければなりませんが、小さな断捨離でもせっせと積み重ねていこうと決意を新たにしています。

 

 

 

 

『春にして君を離れ』

夜中に目が覚めてどうやっても眠れない時、自分が過去にしでかしたあれこれを思い出して胸がうずくことがあります。反省したり後悔したりするけど、翌日から何かが変わるわけでもなく。

 

ミステリーぽくない小説だけど、ラストをどんでん返しと捉えれば、こんなに怖いオチはありません。

 

夫が読んだらどんな感想を持つか考えながら読みました。でも間違いなく「プア・リトル・オータさん」と茶化すんだろうなあ。

 

 

春にして君を離れ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

春にして君を離れ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

 

 

胃カメラを飲みに

生まれて初めて胃カメラを飲みました。胃の膨満感やげっぷに悩まされるようになって半年以上が過ぎ、一向に改善する様子がないので病院を受診することにしたのです。

 

オータの不安はいつも急にやってきます。ある月曜の朝、突然不安の神様が降りてきて、とにかく一日でも早く検査を受けなければ!と急かされるように病院に電話をかけました。もともとその週に有給休暇をとる予定で、運良く休みに合わせて予約することができました。都内には当日予約できるクリニックが結構あり、オータのように急に不安になるタイプには有り難い対応だなあと思います。

 

病院を予約するにあたって重視したのは二つです。一つは、家から通いやすい場所にあること。もう一つは、できるだけ苦しくない検査が受けられることです。

 

オータはしょっちゅう引っ越しをしているため、かかりつけの病院がありません。病院に行く時はインターネットで検索してなるべく家の近くで受診しています。何度も通院することになった時に遠いと面倒だからで、医師の技量や人柄は運まかせです。病院の口コミはほかの業界と違って圧倒的に情報が少なく参考にならないので、えいやと勢いで決めています。

 

検査への不安は主に痛みに対するものです。オータは痛みに弱い体質のようで、さほど痛くないと言われる検査や施術で激烈な痛みを感じた経験が何度かあります。そして限界まで我慢した結果、貧血を起こしたり立てなくなったりするので、避けられる痛みはできるだけ避けたいのです。胃カメラの体験談を読むと、人によって痛みの感覚が大きく異なるようで、オータは間違いなくつらく感じる方だと思いました。

 

予約前に大急ぎで集めた情報はこんな感じです。

・胃内視鏡の苦しさは主にカメラが喉を通る時の「嘔吐反射」によるもの

・鼻からカメラを挿入する「経鼻内視鏡」は嘔吐反射がほぼないが、経口内視鏡と比べてカメラが小さいので画像の精度が劣る場合がある

・鼻の穴の大きさや形によっては経鼻内視鏡が使えない場合がある

経鼻内視鏡は組織採取はできるが、ポリープ切除などできない処置もある

経鼻内視鏡でも苦しい人は苦しい

・麻酔を使用して眠っている間に検査する病院もある

 

最初は苦痛が少ないという経鼻内視鏡を考えましたが、鼻の穴が小さく経口に変更されたとか、経鼻でも苦しかったという体験談を目にしてびびってしまい、麻酔を使用した検査を受けられる病院を探しました。

  

結論としては、麻酔を使う病院を選んで本当に本当に良かったです。完全に眠ったわけではなく、少しぼーっとする感じで検査を受けたのですが、それでも結構苦しかった。麻酔なしだったら最後まで検査を受けられたか自信がありません。

 

オータが受けた検査の流れは次のとおりです。

①受付
②問診
③エックス線検査(バリウムなし)
内視鏡検査
 消泡剤を飲む(胃の泡を消す)
 ↓
 喉頭麻酔(ゼリー状の麻酔薬)
 ↓
 点滴(生理食塩水&鎮静剤)
 ↓
 胃・食道の観察&撮影&組織採取(モニターを見ながら説明を受ける)
 ↓
 ベッドで安静   
⑤診察
⑥会計

 

カメラ本体にも麻酔薬を塗っていたようですが、カメラが喉を通る時や胃の観察中に何度も嘔吐反射がありました。ゆっくり呼吸するように言われて、本当は鼻呼吸した方がいいと思ったのですが、必死に口呼吸することしかできません。苦痛が大きかったら鎮静剤を増やすと言われたものの、なんとかそのまま耐え、モニターで自分の胃を見ながら説明を聞きました。不安な人は完全に眠った状態で検査することもできるそうです。

 

病院では受付から終了まで2時間ほどかかりました。実際にカメラを飲んでいた時間は10分前後だったと思います。

 

そして診断は「逆流性食道炎」でした。原因はストレス、睡眠不足、疲れ、食べ過ぎ飲み過ぎなどだそうです。1か月ほど薬を飲み、改善しなければまた受診するように言われました。内視鏡で見た胃壁には切り傷のような赤い線がいくつもできていて、胃に負担をかけてたんだなあと反省しきり。ほかにポリープがありましたが、後日良性であることが分かりほっとしました。

 

 診療費は初診料や薬代を合わせて3割負担で約1万4000円。検査のみだと4000円ほどのようですが、ポリープがあったので生検の費用が追加されました。残念。

 

まだ薬を飲んでいるところですが、症状はだいぶ改善されました。薬は胃酸を抑える錠剤と、胃の調子を整える漢方薬で、あんなに出ていたげっぷがほとんど気にならなくなりました。初めての胃カメラは麻酔をしても苦しかったし、懐も痛むものでしたが、とりあえず不安は去っていったかなあ。