カードを減らす

数年前からカード類の整理を進めています。使っていないたくさんのカードがなんとなく重荷に感じるようになったからです。両親の老いに伴って「終活」に関する情報を目にすることが増え、なるべく身軽にと思うようになりました。財布を軽くしたいのと、暗証番号が増え過ぎて管理しきれなくなったのも理由です。

 

これまで銀行口座やクレジットカードの解約をためらっていたのは、かつては印鑑1本で開設できたのがだんだん煩雑になってきたからです。万が一に備える気持ちで残しておいたのですが、いつになっても万が一はやってきません。インターネットやコンビニATMで簡単にお金がやり取りできるようになり、たくさん口座を持つ必要がなくなりました。

 

特典につられて作ったクレジットカードもメインで使っているのは1枚だけ。使い分ければお得なのかもしれませんが、オータには使い分ける力量がありませんでした。ポイントカードはたいてい期限内にたまらないので、新しく作るのはやめました。

 

そんなこんなで、銀行口座2つとクレジットカード4つを解約し、ポイントカードもほぼ処分しました。たまっていたプリペイドカードはせっせと使いきりました。

 

解約でいちばん面倒だったのは、公共料金や通信販売などの引き落とし口座の確認と引き落とし先の変更、そして暗証番号を間違えてロックされたのを解除する手続きでした。中には名義や住所を変えていないものもあったので、解約までの道のりははなかなか遠かったです。電話1本で済んだものがある一方、何度も窓口に出向き、当時使っていた印鑑を探し出してようやく解約できたものもあります。

 

むかしは暗証番号の使い回しは危険とされていたので、同じ口座でもカードと通帳で異なる番号を設定したりしていました。でも、あらゆるものにIDとパスワードを設定する時代になり、覚えるどころか、もはや管理するのさえ大変です。複数の暗証番号が必要だったり、数ヶ月置きにパスワード変更を求められるものもあるのだから、覚えきれるわけがありません。

 

オータは20年前からずっと同じエクセルファイルでIDとパスワードを管理しています。でも、流出を心配して内容をぼかしたり、忘れないだろうとタカをくくって入力をさぼっているうちに、あまり役に立たないものになっていました。

 

今回カード類を整理するにあたり、このファイルにあらゆるパスワードをまとめました。もしもデータが流出したり消失したりしてもその時はその時。ついでに毎日あちこちから届くニュースメールやお知らせメールの配信停止も進めました。旬なニュースもお得な情報も目を通さなければ意味がないのに、届くことで安心していたのです。配信停止にもパスワードの再発行が必要だったりと手間はかかりましたが、メールがずいぶん減ってすっきりしました。

 

結局手元に残したのは就職して初めて自分で作った銀行口座とクレジットカードで、かれこれ25年使い続けているものです。何周も回ってようやく落ち着くところに落ち着いた感じ。ほかに、地方でも利用しやすいゆうちょ銀行の口座を残しました。

 

思ったよりずいぶんと時間と手間がかかったものの、カードが減った現在は身も心も軽くなった気分です。実際、財布の中身がすっきりしたことで、不要なものが目に付くようになり、レシートなどを整理する回数が増えました。財布を買い換える時は今よりもっと薄くて軽いものを選ぼうと楽しみなこの頃です。