映画『リトル・フォレスト』

料理の上手な友人がいます。彼女はかつて菜食主義者でした。自分で始末したことのない動物の肉を食べるのに違和感を覚えたから、というのが理由です。

 

そんな彼女が鶏を絞めてさばいて調理するまでのレポートを送ってくれたことがあります。それで納得できたのか、その後は肉も食べているようです。子供が生まれて色々変わったとも言っていました。

 

映画で鴨をさばくシーンがあり、その友人のことを思い出しました。都会の真ん中で仕事にも子育てにも趣味にも力を注ぎながら、ごまを炒り、ぬか漬けを作り、ミョウガを栽培する素敵な女性です。