胃カメラを飲みに

生まれて初めて胃カメラを飲みました。胃の膨満感やげっぷに悩まされるようになって半年以上が過ぎ、一向に改善する様子がないので病院を受診することにしたのです。

 

オータの不安はいつも急にやってきます。ある月曜の朝、突然不安の神様が降りてきて、とにかく一日でも早く検査を受けなければ!と急かされるように病院に電話をかけました。もともとその週に有給休暇をとる予定で、運良く休みに合わせて予約することができました。都内には当日予約できるクリニックが結構あり、オータのように急に不安になるタイプには有り難い対応だなあと思います。

 

病院を予約するにあたって重視したのは二つです。一つは、家から通いやすい場所にあること。もう一つは、できるだけ苦しくない検査が受けられることです。

 

オータはしょっちゅう引っ越しをしているため、かかりつけの病院がありません。病院に行く時はインターネットで検索してなるべく家の近くで受診しています。何度も通院することになった時に遠いと面倒だからで、医師の技量や人柄は運まかせです。病院の口コミはほかの業界と違って圧倒的に情報が少なく参考にならないので、えいやと勢いで決めています。

 

検査への不安は主に痛みに対するものです。オータは痛みに弱い体質のようで、さほど痛くないと言われる検査や施術で激烈な痛みを感じた経験が何度かあります。そして限界まで我慢した結果、貧血を起こしたり立てなくなったりするので、避けられる痛みはできるだけ避けたいのです。胃カメラの体験談を読むと、人によって痛みの感覚が大きく異なるようで、オータは間違いなくつらく感じる方だと思いました。

 

予約前に大急ぎで集めた情報はこんな感じです。

・胃内視鏡の苦しさは主にカメラが喉を通る時の「嘔吐反射」によるもの

・鼻からカメラを挿入する「経鼻内視鏡」は嘔吐反射がほぼないが、経口内視鏡と比べてカメラが小さいので画像の精度が劣る場合がある

・鼻の穴の大きさや形によっては経鼻内視鏡が使えない場合がある

経鼻内視鏡は組織採取はできるが、ポリープ切除などできない処置もある

経鼻内視鏡でも苦しい人は苦しい

・麻酔を使用して眠っている間に検査する病院もある

 

最初は苦痛が少ないという経鼻内視鏡を考えましたが、鼻の穴が小さく経口に変更されたとか、経鼻でも苦しかったという体験談を目にしてびびってしまい、麻酔を使用した検査を受けられる病院を探しました。

  

結論としては、麻酔を使う病院を選んで本当に本当に良かったです。完全に眠ったわけではなく、少しぼーっとする感じで検査を受けたのですが、それでも結構苦しかった。麻酔なしだったら最後まで検査を受けられたか自信がありません。

 

オータが受けた検査の流れは次のとおりです。

①受付
②問診
③エックス線検査(バリウムなし)
内視鏡検査
 消泡剤を飲む(胃の泡を消す)
 ↓
 喉頭麻酔(ゼリー状の麻酔薬)
 ↓
 点滴(生理食塩水&鎮静剤)
 ↓
 胃・食道の観察&撮影&組織採取(モニターを見ながら説明を受ける)
 ↓
 ベッドで安静   
⑤診察
⑥会計

 

カメラ本体にも麻酔薬を塗っていたようですが、カメラが喉を通る時や胃の観察中に何度も嘔吐反射がありました。ゆっくり呼吸するように言われて、本当は鼻呼吸した方がいいと思ったのですが、必死に口呼吸することしかできません。苦痛が大きかったら鎮静剤を増やすと言われたものの、なんとかそのまま耐え、モニターで自分の胃を見ながら説明を聞きました。不安な人は完全に眠った状態で検査することもできるそうです。

 

病院では受付から終了まで2時間ほどかかりました。実際にカメラを飲んでいた時間は10分前後だったと思います。

 

そして診断は「逆流性食道炎」でした。原因はストレス、睡眠不足、疲れ、食べ過ぎ飲み過ぎなどだそうです。1か月ほど薬を飲み、改善しなければまた受診するように言われました。内視鏡で見た胃壁には切り傷のような赤い線がいくつもできていて、胃に負担をかけてたんだなあと反省しきり。ほかにポリープがありましたが、後日良性であることが分かりほっとしました。

 

 診療費は初診料や薬代を合わせて3割負担で約1万4000円。検査のみだと4000円ほどのようですが、ポリープがあったので生検の費用が追加されました。残念。

 

まだ薬を飲んでいるところですが、症状はだいぶ改善されました。薬は胃酸を抑える錠剤と、胃の調子を整える漢方薬で、あんなに出ていたげっぷがほとんど気にならなくなりました。初めての胃カメラは麻酔をしても苦しかったし、懐も痛むものでしたが、とりあえず不安は去っていったかなあ。