目が覚めてグーパーするのは

朝目が覚めたとき、手指のこわばりを感じるようになって数年が経ちました。

目が覚めたらまず布団の中でグーパーをしてこわばり具合を確認しています。洗顔や食事の支度をしているうちに気にならなくなりますが、最近はしばらく手を使わないでいると日中でもこわばることがあります。あわてて握って開いてを繰り返してみても、うっすら痺れたような力が入らないような感じはなかなか消えません。自分の体なのに自分のものではなくなったようで、老化ってこういうことなのかなあとしみじみ思います。

 

インターネットで調べてみると、同じような症状に悩んでいる人がすごく多いことに驚きます。病気として疑われるのは膠原病(関節リウマチ)のようですが、今のところは痛みもないので更年期の症状と考えています。


手の力の衰えを初めて感じたのは30代終わりのころでした。トマト缶のプルタブを開けようとしたところ、なんだか指先がふわふわして力が入らなかったのです。その時は熱でもあるのかと訝しく思いましたが、しばらくしてジャムの瓶やお菓子の袋も開けにくいことに気づきました。それまで意識せずにしていたことが簡単にできなくなった!とかなりショックでした。


こわばりのほかにもう一つ気になっていることがあります。指のねじれです。

もともと人差し指の第一関節が左右とも少しねじれていたのですが、ここ数年でねじれがひどくなったようです。関節も心なしか太くなった気がします。ねじれた部分が痛むことがあるので、人差し指に力がかかる動作は思い切りよくできなくなりました。たとえば雑巾を絞る、洗濯ピンチ(ステンレス製で硬い!)を開く、カッターで切る・・などの動作はちょっと加減が必要です。

 

ねじれた人差し指を見ると父の指を思い出します。帰省するたびに不恰好に太く曲がっていく姿を見るのは悲しいものです。父はとても器用だったのに、70代半ばのいまは箸がうまく扱えなかったり、お皿を取り落したりすることがあるようです。

一方、母の方は家事に手仕事にスポーツにと手を酷使しているのに、相変わらず手先が器用でよく動きます。節が太くなったり曲がったりということも今のところありません。

しかし、オータはあらゆるところが父似。男女の違いはあれど、だんだんあんな手になるんだろうと覚悟しています。これからの人生の中でいまの手がいちばん美しい(はず)と心得て、たまにはハンドクリームくらい塗ってみようと思ったりします。