また階段を踏み外してしまった

朝から派手に転んでしまいました。
電車に間に合わない!と焦って階段を駆け下りながらスマホで時間を確認しようとしたところ、最後の一段を踏み外して思い切り転倒したのです。あちこちぶつけましたが幸いストッキングもスカートも破れず、血も出ていなかったので、そのままほこりを払って走って駅に向かいました。

そのうち右腕がずきずきし始めたので袖をまくってみると、結構な激しさの擦り傷ができていて、恥ずかしいくらい血がにじんでいました。会社には普通サイズの絆創膏しかなく、仕方ないので何枚かずらして貼って傷を覆いました。

 

帰宅する頃には床にぶつけたひざや腰の方が痛むようになり、腕のことは忘れていたのですが、お風呂に入ろうとして腕の擦り傷と「キズパワーパッド」のことを思い出しました。

キズパワーパッドは傷口からの浸出液で保護して治す湿潤タイプの絆創膏です。数年前にやっぱり階段を踏み外してひざを擦りむいた時、某ブログで絶賛されているのを思い出して使ってみたところ、あまりに素晴らしかったので常備するようになりました。購入時は価格の高さに驚愕しましたが、使用感も回復度もそれまで使っていた普通の絆創膏とは段違いでした。

オータがいちばん気に入っている点は、水が染みないのでお風呂に入っても痛くないところです。そのうえ治りが早く、傷跡が残りにくいです。1枚当たりの価格は高めですが、粘着力が強くてお風呂や水仕事のたびに貼り換えたりする必要がなく、コストパフォーマンスがすごくいい商品だと思います。

 

絆創膏をはがしてみるとまだ血が滲んでいたのでさっそくキズパワーパッドに貼り換えました。自宅には普通サイズしかなかったのですが、ぎりぎり傷が隠れたのでそのまま貼りました。一般的な絆創膏は保護パッドから傷がはみ出すと粘着剤がくっついて剥がす時に痛い思いをしますが、キズパワーパッドは全体が保護材になっているので小さいサイズでもまったく問題ありませんでした。

 

こんなに素晴らしいキズパワーパッドですが、オータが思う唯一の難点は、浸出液がゲル状に白く膨らむので見た目が微妙(ちょっと不気味)なところです。今回は激しく擦りむいたので浸出液もたっぷり出たらしく、1日経つとぶよぶよの白い物質があふれんばかりで人には見せられない様相を呈していました。そんな状態でも痛みを気にせずお風呂に入れるので「化学の力は素晴らしい!」と毎回感動しています。子供のころにこんな商品がほしかった!

 

大人になると怪我をしなくなると思っていたのに、オータはそそっかしく動きも雑なのでしょっちゅう怪我をしています。キズパワーパッドは切り傷くらいではもったいなくて使えませんが、自然治癒力の衰えを感じているオータにはなくてはならない商品なのです。